京都 風俗 デリヘル 京都淫乱女学院

京都淫乱女学院

京都淫乱女学院 コンセプト

まだ青いブドウを香り高いワインにする、そんなデリヘルです。

学生の街・京都。
毎年、全国からうら若き乙女たちがここ京都に集い、勉学に勤しんでいます。
彼女たちに与えられた四年間のモラトリアム。
この四年間は社会に出て一人前の女性となることを猶予されている状態です。

確かに勉強は大切です。
しかし、教科書のない社会勉強はもっと大切です。クラブやサークル活動、アルバイト、ボランティア活動、エトセトラ。

性についても然りです。
この時期に京都で経験する男性との様々な性行為が、これからの長い人生における性生活や夫婦生活の色彩を大きく左右することになるのです。

女性雑誌『an・an』が取り上げた「色っぽいオトナの女になるために今、やっておきたい10のこと。」という特集でも「10人以上と恋愛する」とありました。
同誌曰く、「確実に感じるのは、恋多き女性には独特の色気を放っている人が多い。“恋は苦手”と嘆く人は、最初は空振りでもファールでもいいからとりあえずバッターボックスに立ち、がむしゃらに数を打って経験を積んでください。目標は10人です。もちろん全員本気の恋愛じゃなくてもいいんです。“ちょっといいな”とか、“見た目がタイプ”レベルで十分なのでまずは恋をする心の癖をつけましょう。あと40代のおじさんは時間もお金もあってチヤホヤしてくれるので、経験の浅い人の第一歩としてはおすすめ(笑)」。

今は便利な時代です。ほんの少しの勇気があれば、彼女たちにはデリヘルというバッターボックスがあるのですから。そしてデリヘルのお客様には40代のおじさんもたくさん。

賢い女、優しい女、料理の上手い女・・・。
将来、旦那様に愛されるための要素はいろいろあると思います。
でも、胸に手を当ててよく考えてみてください。
われわれ世の男性が伴侶に求めるのは究極のところ、“GIB(Good in Bed)な女性”ではないでしょうか?

“GIBな女”とは男性を悦ばせるだけではありません。
自らも貪欲に快感を求め、高らかに歌い、波にさらわれるように果てていく。
その嬌声と痴態に男性は一層興奮するとともに、己の征服欲や自尊心も満たすのです。

デリヘル『京都淫乱女学院』の学院長が親交のある、京都のあるお坊さんの説法を思い出します。
『より良く生きるは、より良くイクことなり』
けだし、至言です。

しかし“GIBな女”になるためには大人の男性の指導が必要です。
そして、少女から大人のオンナへの羽化を指導するのは貴方なのです。

どうかデリヘル『京都淫乱女学院』で彼女たちを抱いてやってください。
どうかデリヘル『京都淫乱女学院』で深淵な性の世界を垣間見せてやってください。
この乙女の未来の性生活に幸多からんことを願って。

僕がイロイロ教えてあげるよ。でも、みんなにはナイショだよ
京都・大人のオンナ養成デリヘル『京都淫乱女学院』